印刷会社から聞く失敗しない名刺オーダー方法

名刺は仕事をする上でも非常に重要なビジネスツールとなります。初対面で自分のことを覚えてもらえるかどうかが、名刺一枚で左右されることもありますし、この一枚で自分の会社での役職や立場などを端的に物語っているものです。名刺を作る時には印刷業者に依頼をすることが多いでしょうけれども、自分のイメージに合った物を作ってもらえるように、しっかり事前に要望を伝えておくことが大切です。馴染みのある長い付き合いの業者ではなく、初めての依頼をするような時には、特に気をつけておく方が良いです。近年ではネットを介して作成できるようなサイトも多いですので、値段が安いから、すぐに簡単だからという理由だけでオーダーをした場合には、出来上がりが意図しない物になってしまうこともあります。大量に刷る物だからこそ失敗しないようなオーダーにすることです。

自分に合う名刺をイメージして印刷業者に要望をする

名刺は小さなスペースの中に自分のことを印刷するわけですから、相手にもわかってもらいやすくて、好感の持てる物にするべきです。いろいろなお立場がありますが、手渡した相手が見た時に何かしらアピールできている名刺が、やはりのちのち覚えてもらうためにも良いと言えます。例えば、自分の所属会社などのアピールポイントがしっかりとわかるような物もありますし、デザインや色の配色といった点で優れたアピールをしている物もあります。昔は白地に黒い文字が主流でしたが、今では実にさまざまな色があり、ベースの色も白以外の物まで多種多様にありますので、ご自分の目的に合った名刺を作れるように業者に依頼をします。そのためには、文字の大きさから配色、全体のレイアウトやイラストを使うか否かなど、細かな要望を出しながら、印刷費用とも折り合いをつけていきます。

名刺は印刷次第で雰囲気がいろいろと変わります

名刺には会社名や会社のロゴマーク、所属部署、役職、名前、連絡先などを書くのが昔からの主流ですが、近年ではその他にも自分らしい特徴をもたせたい時には、自分の似顔絵などをイラストにして一緒に描くスタイルもあります。これだと相手の方にも覚えてもらいやすいというメリットがあります。また文字などの配置や大きさなどを工夫することで、お洒落な物やスタイリッシュな物、独特な物というような名刺にもなります。自分がどういった物を作りたいかで変わってきますので、できればいくつか案を出すなどして決めていくのが良いです。また裏面にも印刷をする場合もあるでしょうし、色彩の数をどれくらい使うか、素材はどのような物にするかなども、相手が手に取った時に受ける印象は変わってきます。一般的には印刷工程が増えると費用も高くなるでしょうからその点でもしっかり話し合って確認をしてください。

大判印刷受付中。全国一か所送料無料です。デザイン業界の顧客多数。オンデマンド最高峰の品質是非お確かめください。年賀状印刷やってますミニコミ小冊子印刷大歓迎!小ロット多品種が得意ですお電話でのお問い合わせは平日9時半から17時半まで全国送料無料台本業界シェア70%超!(当社調べ)NHK様、民放キー局様、大手映画会社様にご利用頂いています中小劇団や演劇サークルの皆様、お問い合わせをお待ちしています。最小ロットは10枚からご注文可能!!名刺印刷するなら三交社へ