最近、ポスティングという言葉を耳にすることが増えました。ポスティングとは、どんなものなのか、説明すると、広告や宣伝を目的とする、ビラやチラシを、個人宅の郵便受けに投入することをいいます。このポスティングを使用する業種は、多種多様で、飲食店や通信販売、不動産関係、介護関係、美容関係など、幅広い業種で使われているものです。また、企業だけではなく、地方自治体での行事案内のお知らせや、道路工事や水道管などの工事内容の案内や、交通規制などの案内なども、このポスティングで行われることもあります。ですが、ポスティングを行う業者を、失敗なく見つけるのは、なかなか難しいものです。どのような点に気を付けて見つけるとよいのか、メリットやデメリットについてもいくつか挙げていきます。

ポスティングの歴史と業者を使うメリットとデメリット

ポスティングはそもそもいつから始まったのかというと、紀元前に古代エジプトで始まったものとされています。昔は行方不明者を探すために使われていたそうです。なぜ、ポスティングが選ばれているのかというと、メリットとしては、エリアを選んで配布をすることができること、また、配布するものが、世代を問わずに配布をすることができることです。また、新聞の折り込みとは違って、独自の広告を出すことができるため、新聞を取り寄せていないところへも宣伝することができます。しかし、デメリットになる部分もあります。チラシの配布を業者に依頼したところ、配布をする際に途中で捨てられてしまうなどのトラブルに巻き込まれてしまうこともあるようです。次では、失敗しない業者選びについてのポイントをあげていきます。

ポスティングの業者を見つけるポイント

ポスティングを使って確実に効果を出したいなら、業者選びにこだわったほうがいいでしょう。人によっては、ポストにチラシを入れていくだけなので、どこに依頼しても同じと思われていることが多いですが、前述にもある通り、業者選びをしっかりしておくことで、効果の差が出ることがあるのです。失敗しないポスティングの業者を決める際のポイントは、企業のホームページなどで情報を見る際には、いかに誠実さがあって、エリアへの理解があるかどうかです。また、依頼する会社のスタッフの管理体制や、チラシ配布後の報告内容等の確認を行うことも大切です。ポスティングは、一度行っただけでは効果は得られません。何度も配布することで効果が得られていきますので、誠心誠意しっかりとした対応が見られる業者を選ぶように心がけましょう。