商品やサービスに関する情報伝達の手法が複雑に変化する時代の中で、昔から一般的な手法でありながらも、ほぼ確実にターゲットとする世帯へ配布され、高い広告の効果が期待できるのがポスティングです。ポスティングを行うメリットは、新聞の折り込みチラシよりも反響があり、ポストに直接投函するため新聞を読んでいない家にも投函ができる、インターネット世代以外の層にも情報を届けることができる、エリアや部数、マンションか戸建て配布かの選択も可能で、チラシ以外にも小冊子、カタログ、サンプル等も配布ができ、一度は手に取ってもらいやすい等が挙げられます。全国に多数のポスティング業者が存在しますが、安くても実際に配布がされていなかったなどのトラブルを防ぐため、業者選びのいくつかのポイントをご紹介しましょう。

ポスティング業者を選ぶ基準とは

信頼できるポスティング業者を選ぶには、価格以外にも確認しておくべき点がいくつかあります。どのエリアに配れば費用対効果が高いのか、地域の住居データをきちんと把握していることや、配布スタッフの採用方法や研修指導の有無、最近ではGPSの導入、配布チェック要員の確保など、管理体制がしっかりしているか、クレームがあった場合に素早く対応してくれるなど、サポート体制がしっかりしているか、配布後の報告体制はどうなっているか、正当な料金設定がされているかを確認します。指示された通りにただ配布だけをする業者もあれば、業種や業態によって、配布物の作成から配布方法まで相談に乗ってくれて集客のサポートをしてくれる所もあります。ポスティング業者も多種多様のため、目的や用途に合った業者を選ぶようにしましょう。

ポスティング業者を探す方法について

具体的にポスティング業者を探すには、ホームページなどで検索し、前述のような基準を満たしているかをまずチェックします。依頼したい業者を見つけたら、電話をかけ、印象の良い電話応対かどうかに注目します。これは、直接住人に会う確立の高いポスティングスタッフを指導する業者の態度が好印象かどうかで、住人に対するスタッフの態度や挨拶に影響を与え、ポスティングの成果を左右するからです。また、配布先に、スタッフが相談や指示を仰げる社員やリーダーの役割を果たす人物が常駐しているかどうかを確認しておくことも大切です。万一、現場でトラブルがあった時にも責任をもって対処できる人がいることで、確実に業務を遂行できるような体制が整えられているかで、信頼できる業者かどうかを確認することが可能です。成果を出し継続的な改善に取り組んでくれるポスティング業者を見極めてから、具体的に話しを進めましょう。