ポスティングチラシはピンポイントでターゲットに向けて宣伝できるのがメリットです。チラシのポスティングを行う場合、自社でしても専門業者に依頼しても、それなりに費用や工数がかかります。規模が小さければ自社で行っても良いですが、専門業者に依頼する方が効率良いケースも多いです。業者に依頼することで販促効果を上げたいなら、ポスティング業者の選び方がとても大切です。経験も豊富でノウハウの蓄積もしている業者を探さなければなりません。また、スタッフの管理もきちんと行っており、マーケティング力もあることが望まれます。配布状況の把握もできており、ニーズに合ったポスティングを行える業者なら、確実な効果を上げることができるでしょう。ポスティング業者を選ぶ際のチェックポイントをお伝えします。

信用できる業者を選ぶためのポイント

ポスティング業者を選ぶ際には、信用できる業者であることが大切なポイントです。業者の規模はさまざまですが、大手の業者の場合、下請けに発注していることがあります。地元で活動する業者なら、受注から配布までを自社で行っていることが多いため、きちんと仕事をしてもらえる安心感があります。業者を選ぶ際には、大手企業との取引実績がある会社を選ぶのもコツです。大手企業の場合は販売促進部がポスティング業者の費用対効果を審査した上で依頼しています。大手企業と継続的に契約している業者は、信用できると判断しても間違いないでしょう。また、複数業者から相見積もりを取ることもポイントです。相見積もりを取ることで、相場を知ることができますので、適切な価格設定をしているところに依頼すると良いでしょう。

スタッフの管理がしっかりしていること

最近では、GPSを使って配布状況を厳しくチェックしているポスティング業者もあります。誰がどの地域に配ったのかを把握できていることは大切です。マンションやビルの中には、チラシ配布が禁止されている場合があります。そのような場所には配ってしまうと、自社の信頼を失ってしまいます。そうした場所には配らないことをスタッフにしっかり指導していることが大切です。ポストへの投函マナーが悪いと、やはり信頼を失いかねませんので、ポストへの投函の仕方の指導もきちんと行っている業者を選びたいものです。業者によってはフリーペーパーへチラシを挟み込みする場合もあります。しかし、その場合は他のチラシと紛れてしまって見逃されるケースがあります。契約をする際には、フリーペーパーへの挟み込みは行っていないかも確認しましょう。